2014年11月11日

さすがに気合が違います 縁日で見世物小屋

見世物小屋.jpg

小劇場界では、古参の部類に入る『ゴキブリコンビナート』さんが、花園神社の酉の市で見世物小屋をやっていました。

昭和というよりも、明治や江戸時代を連想させる見世物小屋。

「親の因果が子に報い…」という口上はありませんでしたが、さずが手馴れた呼び込みは、小劇場で鍛えられたもの?

しかし、見世物小屋というのが、さすがゴキコンさんというところでしょうか。
posted by がん治郎 at 12:27 |  |- 新宿近辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



RSS Feed Widget
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。