2012年06月16日

デフォルメした道の地図 デザイン地図に挑戦

デフォルメした道の地図
チケットハウス 》 劇場地図を描こう 》 デフォルメした道の地図



デフォルメして描く地図
参考劇場:シアターグリーン

道をデフォルメするのは、案内地図を描くときの基本。
メインストリートや重要な横道がわかるように、無駄な道を省き、道幅に強弱を付けて描きます。

作成の3ステップ
  1 道幅を三段階に分ける
  2 仕上がりサイズにあわせ道の太さを決める
  3 決めた三種類の太さだけで道を描く

Lets Try

1 道幅を三段階に分ける
下書きにした地図日ごろは気にしていませんが、道幅は一定の基準で作られているので、ある程度の分類が可能です。
スペースの限られている地図では、三段階程度に分類するのがベスト。

劇場までの道を、『大通り』『車がメインの通り』『人がメインの通り』の三つに区分し、しっかり描く必要のあるに道をチェックしておきましょう。


2 仕上がりサイズにあわせ道の太さを決める
見本はこの三段階地図を描けるスペースは限られていますから、そのスペースに合わせて線幅を決めます。
メインとなる道幅、大通り沿いなら大通りが、路地奥なら一番細い道がメインとなり、その道の幅を基準に、2倍近い比率で線幅を決めても大丈夫です。


3 決めた三種類の太さだけで道を描く
決めた三種類の太さだけで道を描く線幅が決まったら、まずは同じ幅で道を描きます。

このとき、必要な道のみを描くようにし、不要な道は決して描かないでください。

必要な道を描き終えたら、決めた線の太さを適用してゆけば道の完成。

後は、ランドマークとなるお店や建物を記入すれば完成です。

がんばれがん治郎道がメインのマップでは、色を着けるときは『道』とランドマークだけに色を着けるようにしましょう。






印刷データ作成の基礎
T3ドキュメントの新規作成
T3トンボを付ける
T3線と塗り
T3ペンツールを使いこなす
T3レイヤーを設定する
T3文字ツールで文字を入力
T3余分な部分をマスクで隠す

地図の描き方(基本編)
T3下絵を配置する
T3レイヤーを作る
T3線を引こう
T3調整をしよう
T3ポイントを置こう
地図の描き方(応用編)
T3


デザイン地図に挑戦 
T3デフォルメした道の地図
T3道を”袋線”で描く地図
T3密集した情報の表記
T3デフォルメした道の地図
 


チケットハウス I サイトマップ I デザイン見本 I ご利用の流れ I お支払い I Q&A I 印刷がはじめての方 I チラシ I チケット I ポスター I プログラム・パンフレット I お得なセットプラン I オプション I サイトマップ I コンテンツ I 会社案内 I お問合せ
posted by がん治郎 at 13:51 | 劇場地図を描こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



RSS Feed Widget
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。